国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」定款・会則

 

 

◯第1章 沿革

 

2004年4月1日 NGO設立。

 

インドのマザーテレサの施設、ネパール、カンボジアなどの孤児院でのボランティアを通し、経験や思いをわかちあった仲間と共にNGOの基礎を築き、「フィリピン・セブ島のスラムの支援」「スマトラ沖地震・津波時のスリランカにおける復興支援」、「モンゴル自治区での黄砂・砂漠化視察・緑化支援」、「マレーシアにおける不法滞在スラムでのフィールドワーク」等の活動を実施しています。また、「国内外における動物愛護・保護活動への協力」等の活動を行っています。

 

2011・3・11東日本大震災に際しては、福島県相馬市、新地町、いわき市、宮城県山元町等に、NGOで継続的にボランティアチームを派遣し、がれき撤去等のボランティアを行うと同時に、復興支援イベントへの参加や避難所の支援、チャリティーバザー等を開催し、復興支援活動をしています。

 

国内においては、他に、「新潟中越沖地震」「鬼怒川洪水」「熊本地震」「九州豪雨」「西日本豪雨」「北海道胆振東部地震」「令和元年台風19号」等への復興支援活動等を行い、海外に事務所を置くNGO団体ではありますが、国内での活動をもできる限り充実させています。

また、毎年、国内最大級の国際協力イベントである「グローバルフェスタJAPAN」に出展しています。


近年は、フィリピン・セブ市の貧困地域(スラム)に現地事務所を設け、スラムの支援のために「スラムの子どもの施設の運営」「海外ボランティア・スタディツアー」「チャイルドサポーター(スカラシップ)プログラム」「医療支援プロジェクト」「フィーディング(給食)プログラム」「スラムの環境対策活動」「支援物資援助」「フェアトレード、就業・自立支援」「学習支援」「スラムの子ども図書館の運営」「都市、海、山岳等のスラムの生活支援」「ダンピングサイト(ゴミ山)におけるフィールドワーク・支援活動」「災害・紛争・飢餓・疫病に対する復興支援や援助(台風ハイエン、フィリピン中南部地震、スラムの大規模火災、内戦による避難民キャンプ、新型コロナウィルスによる飢餓、等)」「動物愛護活動」等を主な活動として行っています。

 

また、フィリピンでは上記セブ市と共に、長年、戒厳令下に置かれたフィリピン・ミンダナオ島・マラウィにおける、イスラム過激派と政府軍の内戦、その被害により、避難している人々の難民キャンプの支援を行っています。

現地の人々のためになる本当の支援とは何か、と常に試行錯誤し、現地スラムの方々と協力しながら、草の根の、継続的な、そして、その生活の自立につながるような支援活動をしています。

 

スラムの子どもたちの明日への夢の架け橋となれるよう、その純真な笑顔を守っていけるよう、今できる精一杯の支援を続けています。

 

 

◯第2章 総則

 

第1条(名称)

 

当会は、国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」という。「HOPE」はHaloalo Oasis Partner Eternallyの頭文字でもある。

日本国内では非営利の任意団体として活動し、フィリピン現地法人St.Arnold Janssen Parish-Mother Laura Gertrude Seland Foundation INC.をパートナー団体とする。

 

 

第2条(事務所)

 

当会は、主たる事務所を埼玉県久喜市吉羽2-26-53に置く。

フィリピン現地法人の事務所を、Alumnos, Basak San Nicolas, Cebu City, Philippinesに置く。

 

第3条(代表)

 

松沼裕二 (社会福祉士・国際ソーシャルワーカー)

 

 

◯第3章 目的及び活動

 

第1条(目的)

 

当会は、日本とフィリピン及びアジアの、文化的また教育・福祉的な双方の架け橋となり、国際交流・支援活動を通じ、国籍、年齢、性別、肌の色、信条を超えて、相互理解・絆を深め、互いに助け合い、成長することを目指す。


そして、フィリピンの低所得者層・スラムを対象としたコミュニティ開発、教育・医療支援、環境保護、就業・自立支援、災害・紛争・飢餓・疫病に対する復興支援や援助、等の国際協力プログラムを通じ、草の根レベルからの、地域の発展と意識の向上に寄与することを目指す。

 

また、国外の活動だけにこだわらず、国内の災害等に対し、被災者の方々とその身を寄せ合い、協力し、被災地の復旧・復興への支援活動を行う。

 

第2条(活動の種類)

 

当会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
また、諸活動を総称し、YUMEKAKE PROJECT (夢の架け橋)とする。

 

(1) 海外ボランティア活動

(2) スタディツアー(YUMEKAKEツアー)企画実施

(3) フィリピン・セブ島のスラムの子どもの施設運営。施設におけるフィーディングプログラム・学習支援活動

(4) フェアトレード活動                                    

(5) チャイルドサポーター(スカラシッププログラム)活動
(6) 山岳スラム他、各地スラムやゴミ山(ダンピングサイト)における支援活動
(7) 災害・紛争・疫病等に対する復興支援・援助・調査・発信等の活動
(8) 環境問題へのアプローチ・啓蒙活動

(9) 医療支援プロジェクト

(10) 内戦における難民キャンプ救済活動

(11) 国内災害復興支援・ボランティア活動(2011年東日本大震災、新潟中越沖地震、鬼怒川洪水、熊本地震、九州豪雨、西日本豪雨、北海道胆振東部地震、令和元年台風19号、他)

(12)フィリピン・セブ島「スラムの子ども図書館」設立

(13)広報活動

(14)その他、第1条の、目的を達成するための活動

 

 

◯第4章 会員

 

第1条(会員の種類)

 

当会の会員は、個人および団体を会員とし、正会員とボランティア会員とを設ける。

 

正会員は次の2種とする。

 

(1)  チャイルドサポーター会員

(2)  YUMEKAKEホームメンバーシップ会員

 

ボランティア会員は、当会の活動において、その趣旨に賛同した者が、随時、当会と共に協力しあい、支援活動を行う。

 

第2条(入会資格)

 

当会の目的に賛同する者は、誰でも会員となることができる。

 

第3条(入会手続き)

 

当会に入会しようとする者は、入会申込書と会費を提出するものとする。

 

第4条(会費)

 

会員は次のとおりの年会費を支払うものとする。

 

(1)  チャイルドサポーターー会員 - 年間2~3万円(サポートする子供の学齢による)

(2)  YUMEKAKEホームメンバーシップ会員 - 年間6000円

 

第5条(会費の支払い時期)

 

年会費は毎年2月10日までに支払うものとし、年度の途中で入会するときは、その年度の年会費を支払うものとする。

 

第6条(退会と会員資格の喪失)

 

会員が次の各号に該当する場合には、当会会員の資格を喪失する。

 

(1) 退会の旨を事務局に伝えたとき。

(2) 1年以上会費を滞納したとき。

(3) 著しく会の運営を妨げる行為をしたとき。

 

第7条(会費の不返還)

 

既納の会費は、返還しない。

 

 

◯第5章 団体の管理・運営

 

第1条(役員)

 

本会は下記の規定に従って各1名の役員を置く。任期1年。兼任・再選は妨げない。

 

(1)代表          

(2)事務局長

(3)会計

(4)「海外における貧困に対する支援、災害・紛争・疫病等に対する対策・復興支援活動」グループリーダー

(5)海外ボランティア・スタディツアーグループリーダー

(6)「現地施設運営・フィーディングプログラム・学習支援」グループリーダー

(7)フェアトレードグループリーダー

(8)スラムの子ども図書館プロジェクトリーダー

(9) 医療支援プロジェクトリーダー

(10)国内災害復興支援・ボランティア活動グループリーダー

 

第2条(役員の役割)

 

(1) 代表 

 

会の統括を行う。         

 

(2) 事務局長

 

事務全般、チャイルドサポータープログラム、広報活動等の統括を行う。

 

(3) 会計

 

会の全体の会計管理を行う。

 

(4)「海外における貧困に対する支援、災害・紛争・疫病等に対する対策・復興支援活動」グループリーダー

 

海外における貧困に対する対策・支援活動、災害・紛争・疫病被害等の対策を講じ、復興支援活動に対する統括を行う。

また、ゴミ問題等の環境悪化(それ故の健康被害を含む)に対する対策や地域住民への啓蒙活動を行う。

 

(5)海外ボランティア・スタディツアーグループリーダー

 

海外ボランティアツアー「YUMEKAKE」の企画・運営・実施を行う。

スタッフまたは個人の現地ボランティア活動への対応。

 

(6)「現地施設運営・フィーディングプログラム・学習支援」グループリーダー

 

スラムの子どもの施設の運営に関する業務を行う。
施設における、栄養失調母子へのフィーディングプログラム、クラスルームの開催を通じた基礎的な学習支援の統括を行う。

 

(7) フェアトレードグループリーダー

 

フェアトレードグループの統括を行う。

 

(8)スラムの子ども図書館プロジェクトリーダー

 

「スラムの子ども図書館」の設立・運営についての、広報・会計・運営活動の統括を行う。

(9)医療支援プロジェクトリーダー

医療支援プロジェクトについての計画・調整・実施・統括を行う。

(10)国内災害復興支援・ボランティア活動グループリーダー

 

国内における災害復興支援・ボランティア活動における企画・運営・統括、また現地との連絡・調整を行う。

 

第3条(定例会・総会)

 

(1)定例会は原則3カ月に1回

(2)臨時会は会員の要請により随時開催される。

(3)定例会は、各グループの活動報告および、会全体の運営について協議する。

(4)総会は、役員の選出、収支報告、活動計画・方針・報告、当会の事業を実行するための施策を決定する。毎年3月に開催する。

 

第4条(会計)

 

(1)当会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(2)会計委員会は、各グループの収支をまとめ、総会において収支報告を行う。

 

第5条(事業計画及び予算)

 

当会の事業計画及び収支予算は、年度ごとに事務局長が作成し、総会においての議決を経なければならない。

 

第6条(各部門の役割および活動内容)

 

1. 代表

団体全体の統括を行う。

2. 事務局

(1)  本会の運営を円滑にするための事務

(2)  対外的な窓口業務

(3)  会員管理

(4)  定例会、総会の運営管理

(5)  会計管理

(6)  広報活動

- ホームページ運営/パンフレット作成/宣伝・渉外活動

(7)  研修事業または研修会の運営実施

(8)  チャイルドサポーター(スカラシップ)プログラム運営管理

(9)  途上国の困難な状況にある地域・世帯への物資支援

- 物資・衣類・文具・食糧等の支援/災害・紛争・疫病における対策・復興支援

3. 会計

(1)  各グループ毎の会計収支管理

(2)  予算、全体の会計の管理・報告

4.「海外における貧困に対する支援、災害・紛争・疫病等に対する対策・復興支援活動」グループ

(1)途上国における災害・紛争・疫病被害等への復興支援に関する対策、支援活動の計画・実施、または情報発信

(2)途上国の子ども達への教育支援

- フィリピン・セブ島のスラムの子どもの施設の支援/こども教育サポート・アクティビティ

(3)スラムにおける環境問題へのアプローチ、衛生・健康管理、医療補助、自立支援活動

5.  海外ボランティア・スタディツアーグループ

(1)海外ボランティア・スタディツアー「YUMEKAKE tour」の企画・運営

(2)途上国における地域協力・地域交流プログラムの実施

- 現地ボランティア/ワークキャンプ/スタディツアー/生計支援事業/フィールドワーク)

(3)スタッフまたは個人の現地におけるボランティア活動の計画・実施・協力

(4)上記(3)に伴う研修等

(5)現地ボランティア、現地組織と間の調整

6.「現地施設運営・フィーディングプログラム・学習支援」グループ

(1)フィリピン・セブ島のスラムの子どもの施設の運営・管理
(2)施設における学習支援

(3)施設における栄養失調母子への給食支援活動

(4)途上国の困難な状況にある地域・世帯への食糧支援活動

7. フェアトレードグループ

(1)スラム地域の家庭の自立支援のための職業支援・フェアトレード活動

(2)同、技術支援または設備提供支援

(3)フェアトレード活動時に伴う、国際協力および国際交流のための募金活動、またはそれに伴う広報活動

(4)チャリティバザー、フリーマーケット、広報活動

8. スラムの子どもの図書館プロジェクトグループ

 スラムの子どもたちのための図書館の設立・運営に伴う、広報・会計・運営活動

9.  医療支援プロジェクトグループ

(1)医療支援プロジェクトについての計画・調整・実施

(2)日本人医師とのミーティング・調整

(3)現地(実施場所・受け入れ機関)との調整

10. 国内災害復興支援・ボランティア活動グループ

 

(1)被災地・避難所における復興支援・ボランティア活動

(2)被災・保護動物についての支援活動

(3)チャリティーバザーの実施

(4)復興支援イベントへの企画または参加

(5)「100万人の線香花火ナイト」プロジェクトへの協賛・参加

(6)各団体・各自治体との連絡・ミーティング・決議

 

11. その他目的を達成するために必要な事業

 

 

◯第6章 資産

 

第1条(構成)

 

当会の資産は、次の各号により構成する。

 

(1)設立当初の資産

(2)会費

(3)寄付

(4)事業(フェアトレード・チャリティバザー等)に伴う収入

(5)その他の収入

 

 

 

 

 

附則

 

この定款は、当会の成立の日(2004年4月1日)から施行する。

 

 

 

 

 

国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」