2011.3.11 東日本大震災

復興支援活動

higa1
higa2
higa3
higa4
higa5
higa8
higa9
higashisenko

《 東日本大震災復興支援活動 》

 

2011・3・11 東日本大震災に際し、被災地にて、継続的にボランティアチームを派遣し、がれき撤去等のボランティアを行うと同時に、復興支援イベントへの参加や避難所の支援、チャリティーバザー等を開催し、復興支援活動をしています。

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から年月は経ち、同時にあの出来事がいつのまにか風化していってしまっているのも事実です。

確かに被災地においては、いい意味でも悪い意味でも落ち着きを取り戻しつつあり、復興の確かな足音も聞こえ始めています。

しかし、現実問題、まだまだ復興への前途は厳しいく、今もまだ続く余震、瓦礫処理、原発問題、風評被害等、環境的にも経済的にも肉体・精神的にも、被災者の皆様は、未だ、不安な日々を送られています。

私達は、震災後まもなくから、現地でのボランティアや復興支援イベントへの参加等、様々な形で、復興支援を行って来ました。

そしてこれからも、それはもしかしたらとても遠い道のりかもしれませんが、被災者の方々と手をとりあい、寄り添いながら、復興への歩みを続けていきたいと思います。

 

《東日本大震災復興支援に関する主な活動》

福島県相馬市におけるがれき撤去・復興朝市の手伝い等のボランティア活動

福島県新地町におけるがれき撤去等のボランティア活動

福島県新地町市民団体と協力しての復興支援物品の販売

宮城県山元町におけるがれき撤去等のボランティア活動

福島県いわき市「がんぱっぺ!いわき復興祭」参加

福島県双葉町避難所・旧騎西高校における無料チャリティバザー開催

「100万人の線香花火ナイト」プロジェクトへの協賛・参加 (※紹介ページ)

チャリティーバザー at さいたまスタジアムへの参加

埼玉県久喜市民祭りにて、チャリティーバザー開催

グローバルフェスタJAPAN出展 (※紹介・案内)

 

《ご協力・寄付のお願い》

 

福島第一原子力発電所の事故の放射線の影響で、帰る場所を失った福島県の住民の皆さんが、未だに多くいらっしゃり、避難所や、故郷から離れた地域にて、生活しています。

先の見えない不安の中で、不自由な生活をしている避難所の皆さんのためにチャリティーバザーを開催しています。

そのための支援物資が必要です。

ご家庭でご不要になりました物品・雑貨・古着等、基本的には何でも大丈夫ですので、もしよろしければ、ご寄付して頂けたらたいへん助かります。

ご協力頂ける方は、下記NGOまでご寄付、またはご連絡頂けたら嬉しいです。

 

また、未だ遠い道のりかもしれない被災地の復興支援のため、義援金を募集しています。

皆様からの心のこもった義援金は、被災地の復興支援活動や支援物資等に利用されます。

もしよろしければ、ご支援・ご協力お願い致します。

 

被災地の一日も早い復興と、被災者の方々に、少しでも早く安心した日々が訪れることをお祈りするとともに、少しでもその復興の手助けになるよう、皆様のあたたかいご支援をお待ちしています。

 

国際協力NGO

HOPE~ハロハロオアシス

事務局

▲連絡先・住所等

クリックオレンジ.jpg

▲hopehalohalooasis@yahoo.co.jp

We undertake relief activities for areas affected by Great East Japan earthquake (March 11, 2011).

NGO-HOPE halohalooasis

YUMEKAKE PROJECT

国際協力NGO

HOPE~ハロハロオアシス

​主な活動内容

海外ボランティアツアー.jpg
チャイルドサポーター.jpg

チャイルドサポーター
スカラッププログラム

TOP 2.jpg

難民キャンプ支援

フィリピン・ミンダナオ島・マラウィ内戦
​避難民 救済活動

図書館.jpg
ご支援ご協力.jpg