スラムの子どもの施設

Daycarecenter (1).JPG
Daycarecenter (2).JPG
Daycarecenter (3).JPG
Daycarecenter (4).jpg
Daycarecenter (5).JPG
Daycarecenter (6).JPG

NGO「HOPE~ハロハロオアシス」では、フィリピン・セブ島のスラム(貧困地域)において、「スラムの子どもの施設」を運営し、また、同施設内に、現地事務所を設け、地域に根差した活動をしています。

​会員の皆さまや、NGOの活動にご理解・ご協力して頂いています皆さまの、あたたかいお気持ちのこもったご支援を頂きながら、厳しい現実の中で、それでも一生懸命働、笑顔で生きていこうとしているスラムの人々、純粋な瞳で明日への夢を抱く子どもたちの支援活動をしています。


​施設では、スラムに暮らす、未就学の子どものケアを中心に、その活動を行っています。主な活動としては、基礎的な学習指導(クラスルーム)、フィーディングプログラム(栄養失調児や妊婦、お年寄りの皆さんへの、給食支援)、フェアトレード製品制作(スラムの人々の自立支援のための就業プログラム)、医療支援、スラムの生活支援、チャイルドサポータープログラム、災害被災地支援ベース、スラムの子ども図書館設置、環境問題対策、等があげられます。

 

そして、施設内にある現地事務所を中心に、マザーテレサ施設、孤児院、障害児者施設、ストリートチルドレン、地域の病院や小学校、ダンピングサイト(ゴミ山)等における、フィールドワークや国際協力・支援活動、ボランティア活動を行っています。


また、年2回行われているNGOの海外ボランティアツアーにおいて、メインのボランティア場所となっており、その他、地域の大学や高校から、ボランティアや実習生・インターンを受け入れています。
そして、現地スタッフも、やはりその周辺スラムに生活する方々です。


それぞれの活動について、ページ下部の写真(クリック→紹介ページ)、または、HOMEのページより、リンクをご用意しておりますので、ご覧頂けたら幸いです。(NGOの活動へのご参加や国内外でのボランティア、また、ご支援・ご協力のご案内もしております。もしご興味をお持ちになられた方は、ぜひよろしくお願い致します。)


NGOでは、スラムの密集する地域に、現地事務所を設けることで、地域の人々と、同じ目線で、協力しあいながら、支援活動をしています。
自己満足や押しつけで終わらない、現地の人々のためになる、本当の支援とは何か、常に試行錯誤しながら、今はほんのささやかな力なのかもしれませんが、それでも、今できる精一杯、現地の方々と一緒に、草の根の活動をしています。
そして、その小さな一歩一歩が、いつかきっと何かを変えるきっかけになるんだと信じて、みんなで手をつなぎ、共に歩んでいます。

国際協力NGO

HOPE~ハロハロオアシス

​主な活動内容

海外ボランティアツアー.jpg
チャイルドサポーター.jpg

チャイルドサポーター
スカラッププログラム

TOP 2.jpg

難民キャンプ支援

フィリピン・ミンダナオ島・マラウィ内戦
​避難民 救済活動

図書館.jpg
ご支援ご協力.jpg